夢の浮橋

愛していると言ってくれ

中丸くんはいつだって正しい

中丸君の楽しい時間3に行ってきました!

雨だったのであんまり写真が上手く撮れなかった…f:id:kikikix3-24451:20190308090713j:image

 

中丸君の楽しい時間は2から行き始めたのですが、2より結構スッキリした構成だったなーと思います。あれか、客席と話すコーナーの割合が減ったのかな!ファンと話すのって難しいよね…。あれだってお互い頭良くないとほんっっっとグダグダになるもんね…。

私が入った回は2回ぐらい「それ聞く!?」みたいな質問があって中々考えさせられるものでした。何だろう新卒の面接官ってこんな気持ちなのかなって。やっぱり質問したいことを簡潔に言語化出来る能力は必要だということを改めて思い知らされるコーナーでした…。

まあ当てられたら私もあわあわしてしどろもどろになっちゃうんでしょうけど!ちなみに私が当てられたら聞こうと思っていたことは『ホワイトデーのお返しを渡すとしたら何にしますか?』でした。それ聞いて妄想したかったなー!!

 

構成的には

中丸くんの朝から始まり、仕事(バラエティの収録→ブラホック外し大会→仕事の空き時間という枠での客席との質問コーナー→新アルバムの打ち合わせ→洋画の吹き替え)そして家に帰ってきてから黄金のかにパンを買いに行きたい自分の影との戦い、という流れだったと思います。

こうやって書いてるとマジで謎な構成だな…。

ちなみに私はかにパンって何?って感じだったのですが幼なじみは普通に知ってたので関東圏ではメジャーらしいです。マジか。

かにパンにはレモンティーだよ!って中丸くんが力説するのでレモンティーを買って飲みました。オタクちょろい!!!

 

以前からちょいちょい話しているように私はお笑いが分からない人間なのでこういうコメディ的なものとか小喜利とか結構苦手なんですけど、中丸くんのセンスはクスッと笑えるものが多くて好きだなぁと思います。

特にめちゃくちゃ大笑いしたコーナーが新アルバムの打ち合わせという体でKATーTUNの今までのシングル曲をRemixしてアルバムとして出すというものだったんですけど、いやほんとこれ初回限定盤のシークレットとかでいいから出してほしいレベルでクオリティが高くて…!

とんちきに変えられてしまった曲に中丸くんがツッコミを入れるってやつでした。

たまに「?」ってなるものは当然あるんですけど、Real Faceとkeep the faceは最高としか言い様がなかったです。

Real Faceは関西弁verだったのですがただ単に歌詞を関西弁に変えるだけじゃないんですよ!

1から作ってるの!中丸くんが!

彼天才なの…??

だって思いつかなくない?普通にあんなサビのめちゃくちゃ大事な「ギリギリでいつも生きていたいから~さあ~♪」のさあを「せや~」って変えるのあり!?何それ最高だよ!

そしてkeep the faceは曲歌詞そのままでまさかの地下ドル的な合いの手を入れるというもので…。これがハイフンの気持ちを考えてみましたっていうスタッフさん(という画面)にわくわくしてたら…

間奏部分で唐突に始まる合いの手。

「言いたいことがあるんだよ!」

「なになに?」

「やっぱりKATーTUNかっこいい!やっと見つけた王子様!好き好き大好きやっぱ好き!」

でド肝を抜かされました。あと「私が生きてる意味がここにある」とか「結婚して」とか言ってた気がしたんですけど、リアコか!と目がぐわっと開いてしまいました。私の記憶が曖昧+再現するほど文才がないというWパンチなせいで見てない方には伝わらないかと思いますが見た方には少しでも思い出してクスッとしてもらえたら嬉しいです!っていうか語り合いたいよ!

 

こんな頭おかしいことを考えて真顔でやりきる中丸くんってやっぱりサイコパスなのでは?(褒めてる)と思いながら見てたんですけど、2の時にはなかったダンスシーンで締めてくれてギャップ~!!!とめちゃくちゃ沸きました。

あんなThe☆ジャニーズ感出されたらそりゃリアコになるでしょ!惚れ直すでしょ!

例えそれが大切に育ててた苔を影に壊されたからにしても!

 

中丸くんはコンサートのソロでも思ってましたが光を使うのが得意ですよね。

私はよくあのレーザーみたいなのをライトセーバーって呼んでるんですけどああいうやつ使って踊る時の中丸くんは最高にセクシーだなと思います。かっこいいよ~!

あと中々ファンの皆に会えないからこういう機会は大切にしたいって言ってくれて天才か?となりました。

言ってほしいことを言ってくれるアイドル。それなのに基本的に感情がこもってないところがすごく好きです。

4もやりたいと言ってたのでまた来年ぐらいにあるんじゃないかな!楽しみにずっと待ってます~!

次の現場は上田くん!毎月KATーTUNのメンバーに会えて嬉しい~!!(あ、その前にSHOCKがあったわ)

 

他人に振り回されたくない

気付けば3月になっていました。

2月は本当に忙しくてほとんど記憶にない…。

唯一覚えているのはギリシャ料理を習いに行ったこととテニミュとSHOCKを観に行ったことぐらいです。

仕事死ぬかと思った!いや全然世間の激務の人から比べたらめちゃくちゃ楽なんですけど何か忙しさのめんどくささが違うというか…。

私の仕事としては社長秘書のようなものをしています。秘書とちゃんと言えないのはそれだけじゃないからなんですけど、これがまためんどくさい!!私を通して連絡をくれればいいんですけど社長がな…直で連絡受けちゃってスケジュール組んじゃうんですよね。

一般企業とはまた違うから世の中の問題解決本があまり当てはまらない!解決の仕方が分からない!これが私と社長だけの問題ならまだしもクライアントが関わってくるのでなんともなぁ…。工期がずれればリスケも増えるこの業界。オリンピックのせい…コンサート会場足りないのもオリンピックのせい…ぐぬぬ…と決まったことに怒っても仕方ないのですがここまでリスケの嵐だとぎゃー!!と叫びたくもなります。

おかげでめちゃくちゃ日々の細々とした予定が変更させられて小さなストレスが積もり積もっています。アラサーにもなると色々あるじゃないですか。現場とか友人とのご飯とかそういう大きなことではなく、今週は残業が多そうだからこの日に買い物だけは済ませとこうとか、洗濯しとこうとかそういう小さな日々の雑務が。

私はそういうことを組み立てていかないと本っ当に時間が足りなくなって家をゴミ屋敷にしてしまうオタクなのでせめて2、3日の予定は把握しておきたいのです。

でも最近は当日打ち合わせがキャンセルになったり逆にこの日に現場に来てもらいたいだのが多くて予定とは?約束とは?という状態です。

それでいて推しの舞台は決まっても運営が地雷だー!ちゃんとしてねー!チケットの発売日だけTwitterで報告してちゃんとしたHPもない!何だこりゃ!みたいなものでこれにお金を払いたくないな…と思ったらどんどんこれまでの人生を振り返ってしまって虚無状態になってしまいました。友人からはいやそれは鬱じゃん?と言われたけど断じて違います。

多分20代のうちに終わらせなければならなかった人生の振り返りが今きてしまっただけです。

若排にハマってからまさかの月30万近い請求が数ヶ月続いて流石に苦しかったのも1つです。

全部自分が使ったものではなく、チケットの立替分も入ってはいるのですがそれにしたってねぇ…?あとオタクあるあるだと思うけど立て替えたチケット代を何故か臨時収入だと思ってしまう。それでグッズとかチケット買い足しちゃう。

まあそれはおいといて、月30万近く使って残ったものは思い出とチケットの半券と置き場所に困るグッズ達なんですよね。

グッズも本当に可愛い!欲しい!と思ったわけでもなくある種の惰性で買っているだけなので買ったら満足して袋から出さないこともざらでした。今断捨離中なんですけどまぁ出てくる出てくる写真の束が…。ランダム制度がないジャニーズがそれだけでめちゃくちゃちゃんとしてると思えるから不思議ですね。

それでもうその片付けにも時間かかるし、私は一体何してんだろうなと思ってしまいました。

ジャニーズを追いかけた日々も若排に夢中になった日々も全然後悔はしてないけど、もうちょっと自分に残ることに使えば良かったなと。特に若排。

私は自分が好きになってあなたを自担にします!推しにします!って決めたらいつまでも彼らにはそこにいてほしいんです。

芸を身につけてはほしいけど、カノバレとかありえねー!と思うタイプだし結婚なんて以ての外です。ましては引退したいだなんて言われたら泣き崩れるどころの話ではありません。

で、そんな感じでずっと生きてきたのである意味自分の足でしっかり立ったことがないのです。いつだって自担の活動によって幸福度が変わる人生…。

それがいいか悪いかではなくて、今の私にとってはちょっとリスクが高いなぁと感じました。

自担は結婚が割と本格的にありえる気がしてるし、(実際あったら死にそうなぐらい嫌だけど)若排に至ってはもうどんなことが起きてもあの業界おかしくないし。多ステ当たり前だけど普通に面白くない舞台に1万とか払いたくない。

勝手に好きになって勝手に推してるだけじゃんって言われたらそりゃそうなんですけどやっぱり人情として埋まってないと埋めなきゃ…!ってなるのがオタクの性じゃないですか。

なので時間もお金も自分の中ではめちゃくちゃ使ってきたけどここにきて体調を崩したことと荒れ果てた家を見てやばいなと実感しているところです。

あと月1ぐらいで親に会うんですけど、やっぱりそれなりに衰えを感じるようになったところが大きいです。お恥ずかしい話で貯金が全然出来ない社会人なのでこの歳になってまで家族旅行とかする時は出してもらっているのですが、何かこう…私が若排に費やしていたお金の半分でも貯金してればグアムぐらいは連れていけたな…と思ったら突然の罪悪感です。

以前の記事でも多少は生活を立て直しを考えるって書いたのですが、割と減らしたつもりでもまだまだあったわ舞台…。3ヶ月後の舞台のチケットもう払ってるとかざらだもんね。

なので今手元にある分のチケットで少し落ち着こうと思います。でも唐突に予定を入れなくなると太りそうだからANA修行しようかなと考え中です。修行というのはANAの上級会員目指して飛行機に乗りまくるというこれまたお金のかかりそうなものですが、私の性格上東京にいると絶対若排現場行っちゃうから物理的にいない方がいい。

そしてそうしてれば仕事で振り回されることも減るだろうという目論見です。実際職場に行ける距離にいるからリスケにも対応しちゃうんだもんなぁ。自分の時間を強制的に作るのにもいいんじゃないかな?と考えたりしています。

ANA便で今年ハワイも行くので、せっかくのポイントがもったいないなぁというところもあります。

f:id:kikikix3-24451:20190303123928j:image

※タイミングよく日経TRENDYが特集組んでたのでお勉強中です。

 

上級会員のメリットをそこまで享受出来る生活ではありませんが同じお金を使うなら今のところ自分に残るもの(もしくは家族も恩恵を受けられるもの)に使いたい気持ちが高まっている今こそ始めてもいいのかなと考えています。

本当は無難に貯金が出来ればいいんですけどね!はは!

 

今日は中丸くんの楽しい時間3だ!去年めちゃくちゃ面白かったから今年も面白いといいな!

好き好き大好き超愛してる

タイトルは自担への恋心が爆発したので、懐かしの本から。

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%BD%E3%81%8D%E5%A5%BD%E3%81%8D%E5%A4%A7%E5%A5%BD%E3%81%8D%E8%B6%85%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%82-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%88%9E%E5%9F%8E-%E7%8E%8B%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4062760819

 

 

ナイツテイルぶりの自担現場に行ってきました!

そうです、Endless SHOCK 2019です。いつも通り好き勝手書いているのでこれからご観劇の方は自己判断でお願いします。

続きを読む

自担の生存確認をカウコンでする話

あけましておめでとうございます!

 

すっかり仕事も始まっちゃって労働つら・・・となっている今日この頃です。

さて、2018年-2019年の年越しはマジで何しようと思う日々でした。

KinKiコンは無いし、カウコンも落ちた人間に人権なんてねぇ!とばかりにうじうじしていましたがまあそう言っていても日々は過ぎるし新しい年は近づいてくるのでどうしようもない。

数年振りに年越しいるよ。と夫に話したらビックリし過ぎてビール零してました。

「えー!マジか!どうする!?何する!?」と言われても私がしたいことはただ一つ。

コンサートに行かせてくれ

 

もうそれだけが望み!現場!ペンラを振れる現場に行きたい!

そうやってぎゃーぎゃー言っている私を夫は冷ややかな目で見ていました。

結局こいつダメだな、と思われたのか年越しは私の実家で過ごしました。

紅白の刀剣男士達を見て新たな推しを見つけたいだのキンプリを見て岸くん大きくなって・・・!と涙したり私だけ感情が忙しなかったです。

そしてカウコンの中継が始まり、ジャニオタ仲間とのLINEがとたんに活発になる時間がやってきました。

剛くんはまあ無理でしょ。むしろドーム来てたら「何でよ!!!」ってツッコむわ。と言いながらいつ光ちゃんが出てくるかそわそわしながら待っていました。

年越しの前には出てくるでしょ!とわくわくとドキドキが入り交じった気持ちで画面をずっと見ていましたがまぁ出てきませんでしたね!

「はい終わった-」

「もうダメだ。光ちゃんはよしお達舞台仲間とよしおの家で鍋パして結婚への憧れを強くしてるんだ・・・」

「うっ・・・結婚なんてそんないいもんでもないんだからいつまでも独身でいてくれ!」

だの気が狂ったLINEを送り続ける私に「鍋パは鍋パでもきっと長瀬くんとだよ!」と慰めてくれる優しい友人達に感謝です。

そしてもう諦めがついて大人しくタキツバの有終の美を見ていたら!!

花束を持って現れる自担(光一さん)が!!!

もうリアルに「ぎゃー!!!」と叫んでしまい、寝ていた猫が飛び上がるというコント

みたいなことが起きていたそうです。(私は画面しか見てないので分からない)

え!ちょっと!どうせ出るならもっと早く出てよ!とかその場では言っていましたが、落ち着いた今となってはあのタイミングでしか出れなかっただろうなと思っています。

硝子の少年を光ちゃんだけで歌ってもそれはそれで色々ありそうですしね。

以前書いたブログを読んで下さった方はご承知でしょうが、アンリーではありませんがごりごりの光一さん派なので、ジャケットの背中部分に剛くんの顔がプリントされていることに友人達は私の精神を心配していたようですが、全然気にしてないです!

まだ剛くんとは和解出来ていないので(勝手に文句言ってるだけですよ)一瞬「ひゃっ!」とは思いましたが、やっぱり光ちゃんにとってKinKiは大切なんだなと実感しましたし。もう自担がそうなら仕方ないのです。私もKinKiを愛してるし。

ただやっぱり「二人が好き!」と言ってる時期もあれば文句を言う時期もあるだろうな、というだけの話です。

人間色んな時期がありますよ、という言葉を支えにジャニオタ人生を生きていこうと思います。

 

いやーでもほんっっっとに不安。

自担が年末年始何してるのか分からないの超不安。コンサートはファンにとっての精神安定剤だということがよく分かりました。

だから早く全て元通りになって年末年始のコンサートも復活しますように!

show must go onとは

MANKAI STAGE 『A3!』を観てきました。

観てきたというかようやく観終わったというか。

 

最後まで書いて更新ボタンを押すのを忘れていました。

あっという間にもう12月でA3!の話題といえばもう秋冬公演じゃないですか。

それなのに春夏公演の話をします・・・。遅い・・・。

 

ここから11月5日ぐらいに書いたものです。

A3!とは簡単言えばイケメン役者を育成するソシャゲです。

春夏秋冬の各組を一年通してそれぞれ舞台を行うというゲーム。

公式はこちら

   ↓

www.a3-liber.jp

 

私自身は舞台が決まってからインストールした後発組です。しかもこの間アンインストールしちゃったのでハマりきれなかった女…。

元々ソシャゲ自体が苦手なので、そんなにキャラクター達に愛を持ってるわけでもない人間が行ったらいけない舞台でした。

いや本当にきっと好きな人は好きだろうな、とは思うんです。

ただそこまでの愛情がない人間が観たら虚無になってしまっただけの話で!

 

じゃあ何故観に行ったのかというと単純にちょっと好きな俳優が出るのと友達の最推しが出るから。(私の推しは出てないよ)

そもそも大人気のゲームだから絶対チケット取れない!お願いチケ取り協力して!ついでに旅行も兼ねて地方行こ!と言われて「いいよ~」とほいほいOKしたのが間違いでした。

私はe+に嫌われている女なので、友人からは初日と大千秋楽をお願いとだけ言われていましたが当たる気がしなかったので適当に平日を応募してみたところ、取れたのがその平日及び友人の申し込んだ地方公演のみというていたらく。

またこの舞台、東京公演地方公演から東京凱旋公演までの日にちがとんでもなく空いてただでさえ飽きやすい私のモチベは低空飛行のままでした。

 

何だろうな~何がいけなかったんだろう。

特に何がいけないわけでもないと思うのです。

ただ単に

合わなかった

その一言に尽きるんでしょうね。

一応春夏秋の途中まではゲームはクリアしてたので、内容は分かっているはずなのに何一つ心に響かない!何故!

若俳業界に詳しいお友達に聞いたら割と出ているキャストは皆新人というわけでもないらしい。ある程度のキャリアを積んで所謂2.5以外の舞台も出てるよーと言われていたので確かに2人ぐらい何かすごい上手い人達がいた。

でも響かない。

今回は春夏秋冬の内の春夏公演だったのですが、春も夏も合わねー!!!

春が終わった段階で虚無。友達から「大丈夫?」と言われる程の虚無。

意味が分からないと揶揄されることの多いジャニーズ舞台でもここまでの虚無ってないわな、というレベル。

いや元々ジャニーズは内容云々よりその華やかさと文字通りのマンパワーでやりきってしまうのですけど。

 

春組主人公の咲也くん含めキャストの皆がめちゃくちゃ「Show must go on !」って歌ってるんですけど、こちとら10年以上狂気に満ちた「Show must go on」観てるので

「そんな・・・。そんな笑顔でShow must go on言われても・・・」みたいな。

完全に私情ですけどね!でもどうしてもそのフレーズ言われると真剣持ってヤラやウチに「続けろ!続けろー!!!!」っていうコウイチさんの顔が浮かぶ病気にかかってるのでね・・・。

あとやっぱり私は一観客としていたいので、観客をキャラクターの1人(今回の場合はヒロイン=監督)として見立ててこちらに話しかける演出が好きではないなと実感しました。まあこういう2.5に女を入れるのかどうか難しいところでしょうけど。

ましてやA3!だと女が何人もいるわけじゃないからキャストとして入れると無駄に炎上しそう。 

 

そして一番「解せぬ」って思ったのは千秋楽で演出変えたこと!

嘘!?そんなことある!?

ゲーム屈指の人気キャラ(らしい)至さんが千秋楽で怪我をし、それをおして舞台に出たことで仲間との絆も深まり演劇に興味がなかった彼が本気になるきっかけだった気がするあのシーンを!?千秋楽だけでしかやらなかったとは!

ゲーム自体がその千秋楽で怪我をするという内容だったので、原作に忠実にするなら確かに千秋楽だけその演出にするのが正しいんでしょうけど・・・いやでもなー!?

これが大筋に関係なかったり、アドリブが違ったりというようなことだったら舞台だしよくあることだろうなと思うけど、千秋楽だけその内容にしたらそれはもう別の舞台じゃないですか・・・。

私が至かそれを演じたキャストさんのファンだったら怒り狂うぞ。

よく全通するとか何回通うとかこの界隈聞くけど、普通1回じゃないですか物事って。

勿論私自身好きなら舞台でもコンサートでも何回でも通うけど、そういう人じゃない方が圧倒的に多くて。

その1回たまたまその演出を観れた人と、観れなかった人。そういう差を作るのは良くないんじゃないかなと思います。

千秋楽だから挨拶が長いとか何か特別なことがあるかもしれない。そういう想定出来ることは問題ないけど、やっぱり千秋楽だからって演出変わったらショックだよ。

千秋楽Verも観たかったなーって特に思い入れのない私ですらそう思うんだから、ファンの皆様はもっとだろうなぁ・・・。

 

常々「何回記念とか関係なく、一公演一公演を同じように精一杯やるだけ」と言ってくれる人が自担だから私も自然とそういう考えになってしまったんでしょうね。

何があってもショーは続けなければならない。

私にとってそれは同じ内容で同じクオリティを見せてくれること。

それが前提にあってこそのShow must go onなんじゃないかなと思った舞台でした。

 

早くShockが観たいな! 

HKDLへの弾丸旅行①!

先日は病んだ記事をあげましたが私は元気です!

 

何だかなと思いつつも若俳現場で推しに構ってもらったりしながら日々を生きています。うっかり寝坊して適当な服で行ったら「その服可愛い~!」と言われてやっぱこの人と服の趣味合わねえな・・・。プレゼントはやめとこう。というような毎日です。

 

冬コンが無くなったりして「ちっ!やってらんねえな!」という気持ちで行ってきました香港へ!

f:id:kikikix3-24451:20181101005826j:plain

行きのバスでシールを貼ったりしてました。

ダルメシアン柄初めてやったけどドットより

楽でこれからもたまにやろう~。

同行の友人は仕事の都合でネイルNGなのでシールのみ。

 

羽田国際線ターミナル内の伊藤園茶房

 f:id:kikikix3-24451:20181101011610j:plain

友人の着ているTシャツが亀ちゃんソロコンのFollow me というところがマジでオタク。そんな私もCASTTだけど!

 

ハロウィン限定の抹茶白玉と通常verのほうじ茶と抹茶のMIX。どちらも美味しい。

1時発の深夜便なので22時半着でも充分余裕。国際線ターミナルは24時間営業のお店がいくつかあってありがたかったです。

今回は香港エクスプレスというLCCで出発。

何せ突発的に行くことにしたので1泊2日の弾丸旅行なのでなるべく安く済ませたい…。(機中泊入れれば2泊3日)

 

目的は香港ディズニーランドです!

上海と迷ったのですが、香港の方がエリアの規模が小さくて1日で回りきれると聞いて香港へ。でも結局混んでて回りきれなかったなあ・・・。

今回泊まったのはディズニーハリウッドホテル

f:id:kikikix3-24451:20181101232501j:plain

 

 

f:id:kikikix3-24451:20181102091128j:plain

booking.comで2人で31000円程でした。

事前にツインベッドにして!とお願いしてたのですが、希望はその時のホテルの状況によるよ!との返事だったので期待してなかったけどちゃんとツインベッドでした~!

f:id:kikikix3-24451:20181102091634j:plain

しかも広い!それにミキミニだ!

外からはプールも見えてとても快適でした。今度はもう一泊したい。

 

1日目

22時半頃に羽田空港着。流石LCC端っこまで歩いて機内預け入れ荷物の受け付け。

何故オンラインチェックインをしているのにまたカウンターでチェックイン的なものをしなければいけないのか謎。

本当は一泊二日だし機内持ち込み出来るサイズだと思ったんだけどなー!計ったらギリギリ長さがダメそうで渋々追加料金払って預け入れにしたけど、周り見てると結構いけそう。LCCは運だよ、と友達が言っていたのを思い出しました。

LCCだから勝手が分からない~!

帰りの便は時間が無くてオンラインチェックイン出来ていなかったので、ついでに帰りもチェックインしたいと申し出たところ、オンラインかアプリか現地でしか出来ないと言われました。

じゃあとりあえず現地着いてからでいいか、と思って日本でやらなかったことをこの後とっっっても後悔しました。

しかしそんな問題が起きることなど何一つ考えていない楽観的な私と友人はディズニーでどこ回るかをきゃっきゃしながら話すだけでした。

きっとしっかりしている子がいれば時間あるしここでアプリ取ってチェックインしちゃおうよとか言ってくれてたんだろうなぁ(遠い目)

 

うだうだこの後の若俳現場や紅白にKinKiは出るか?という話をしているとあっという間に搭乗時間になったので移動。

どんどん端に行くゲート・・・。流石LCC(何回でも言う)

LCCだとは言え、無事定刻通りに出発し、機内も心配するほど狭くはなかったです!

席が倒せなくて「おっ、おう」となりましたが、まあ香港まで4時間程なので大丈夫でした。香港には時間通りの朝6時(現地時間)ぐらい?に到着しターミナルに一度到着。ここで荷物を取るかと思いきやまさかのバスで移動しろとのこと。

「荷物は!?」とドキドキしながらもまず聞いて分かるようなスタッフがいない。

とりあえず荷物取るようなところ無いし人の流れもバスだから乗ろう、とバスに乗せられひたすら自分の荷物が無事ですようにと祈っていました。

後になって分かったのですが、香港エクスプレスの使用は第2ターミナルで深夜なので荷物は全て第1ターミナルに移されていたのかな。

第1ターミナルに移動してから人の流れについていくともう入管。

えっ!?荷物!?とあわあわしていたらようやくスタッフがいたのでそこで聞いてみたところ、入管を出たところで荷物のレーンあるからと答えてくれました。

海外旅行が数年振りな上、中国は初めてなので全部ドキドキしてしまう。

8年程前に作ったギャル時代のパスポートだったのでアラサーすっぴんの私は顔が違うと入管に止められたりしましたが、何とか無事に入国出来て良かったです。

 

来年新婚旅行行くけど新姓に作り直すことにしといて良かった。また止められるとこだった。

 

その②に続く

愛してる、愛してない

光ちゃんを愛してやまない女の行き場のない気持ちです。

アンリーと言われればそうかもしれないので、そういったものが嫌いな方はご遠慮下さい。最初に言っておくと私はちゃんとKinKiを愛したいんですよ、本当に。

続きを読む